フォームでのお問い合わせボタン

パオスタッフブログ

「陸上無線技術士」と「陸上特殊無線技士」の違いについて

| カテゴリー:就職対策

もともとは、中大規模の無線局(テレビ、ラジオ放送局など)内にある無線設備の技術的な操作を行うための資格として、「陸上無線技術士(無線従事者)」という資格がありました。その後の、携帯電話などの普及拡大に伴い、携帯電話無線基地局などの小規模の無線基地局を操作するための資格として、「陸上特殊無線技士」という資格が新たに設けられ、公益財団法人日本無線協会により国家試験、講習、訓練が実施されています。

難易度については、新しく設けられた小規模無線局を対象とした「陸上特殊無線技士」の方が簡単です。「陸上特殊無線技士」は、無線局の対象や、無線設備の周波数や、技術的に操作できる範囲を限定することにより、資格を取得しやすくなっています。

また、「陸上無線技術士」と「陸上特殊無線技士」の資格の中でさらに等級があります。「陸上無線技術士」は1級と2級、「陸上特殊無線技士」は1級~3級まで分かれています。それぞれ操作可能な無線設備が下記表のようになります。

資格
対象となる無線設備
第一級陸上無線技術士(一陸技)テレビ、ラジオなどの放送局、電気通信業務用等の固定局、無線標識局などの無線設備
第二級陸上無線技術士(二陸技)小・中規模放送局、航空用無線航行局などの無線設備(テレビ放送局は除く)
第一級陸上特殊無線技士(一陸特)電気通信または公共業務用の多重無線設備を使用した固定局や無線基地局
第二級陸上特殊無線技士(二陸特)多重無線設備を除く固定局、基地局、陸上移動局等の無線設備、VSAT(ハブ局)などの無線設備
第三級陸上特殊無線技士(三陸特)タクシー無線の基地局などの無線設備

パオスタッフサービスでは、移動体通信エンジニア(モバイルエンジニア)向けの人材会社ですので、「陸上無線技術士」の資格を活かせるテレビ中継局関連のお仕事もございますが、携帯電話無線基地局の操作が可能な「第一級陸上特殊無線技士」を必要なお仕事を多く紹介させて頂いております。ご興味がある方は、パオスタッフサービスのお仕事情報(人材紹介)お仕事情報(人材派遣)をご覧ください。

パオスタッフサービスでは、「第一級陸上特殊無線技士」試験対策講座を土日に行っておりますので、ご興味がある方はこちらをご覧ください。


  • 一覧へ