フォームでのお問い合わせボタン

パオスタッフブログ

派遣法改正に対するパオスタッフサービス方針

| カテゴリー:人事雇用

派遣法改正(平成27年9月30日施行)により、3年を超えて同じ職場で派遣社員として働くことが出来なくなりました。この改正は、派遣社員にとって必ずしも不利な改正ではなく、パオスタッフサービスとしては下記のような会社方針を取ることにより、本来の改正の目的である「派遣労働者の保護等を図り、もってその雇用安定、福祉の増進に資する」ことが出来るよう対処します。

派遣スタッフが期間制限の3年を超えた場合、次のステップにて対処いたします。

(1) 派遣先に対して、直接雇用の申し入れを行います。その際に、派遣先に対して紹介手数料を要求することはせず、出来る限り派遣スタッフと派遣先の直接雇用が結ばれるよう対処します。

(2) 派遣先が直接雇用契約は出来ないが、継続して就業して欲しいという場合は、パオスタッフサービスと無期雇用契約を結ばせて頂きます。無期雇用の派遣労働者は、期間制限の対象外となりますので、3年を超えて同じ職場で派遣社員として働くことが可能となります。

(3) 派遣契約の継続も難しいという場合は、ご要望等をヒヤリングさせて頂いた上で、お仕事情報(派遣案件だけでなく正社員案件)を提供いたします。


  • 一覧へ